かに人生|北海道近辺ではカニ資源を保護しようと、エリアごとで毛ガ…

北海道近辺ではカニ資源を保護しようと、エリアごとで毛ガニの収穫期間を設定しておりますため、通年で捕獲地を転々としながら、そのプリプリとしたカニを口にする事ができちゃいます。
獲ったときは茶色い体の色なのですが、茹でることで鮮やかに赤くなり、綺麗に咲く花みたいに変わるというのがあって、このカニの名前が花咲ガニになったと言われているらしいです。
花咲ガニの説明としては、全身一面に堅固な針のようにトゲが飛び出し、短く太い脚だが、太平洋の凍るような水でしごかれたその身はプリッと張っていて、例えようがないほどおいしいものです。
お正月の記念すべき日に楽しさを加えようと鍋料理を調理するつもりならば、毛ガニを取り入れてみてはいかが?平凡な鍋も大きな毛ガニがあると、あっという間に華やかな鍋に生まれ変わります。
生きたままのワタリガニをお取寄せしたのなら、カニの鋏などに留意してください。走り回るだけでなく棘が尖っているので、手袋などを使用した方が賢明でしょう。

市場に出回るほぼすべてのタラバガニはロシア原産で、通常アラスカ沿岸などに占住していて、北限の稚内港に入ってから、その場所をベースに色々な所へ運搬されて行くのが日常です。
タラバガニ関連情報:タラバガニ(たらば蟹)通販店 比較・ランキング | カニ通販・蟹のお取り寄せ店比較ガイド【かにうま.com】

カニを通販で売っているショップはいっぱいありますが、もっとちゃんと確認すると、自分に合った売価で優良なタラバガニをお取寄せできるショップもそれこそいっぱい存在します。
有名なところと言えば根室の花咲ガニ、これは、道東地方を主に生殖するカニでなんと全国でも評判の良い蟹です。豊かな風味とコクが特色の水揚直後に茹でられた口に入れるとしっかり弾力を感じる身は何と言っても最高です。
「日本海産は抜群」、「日本海産は別物」という主観は否定できませんが、日本人も利用しているカナダの漁場、大量の淡水が広がっているオホーツク海、台風のように荒れている事で有名なベーリング海も、ズワイガニにしてみれば「繁殖しやすい海域」なのである。
何しろ蟹が好きでたまらない私は、この冬もネットのカニ通販を利用し毛ガニだけでなくズワイガニも送ってもらっています。今は最も食べごろの時なので、早め早めの予約がベストだしリーズナブルに手に入ります。

最近は、好きなものはカニ。という人の中で「花咲ガニ」という蟹が話題になっています。全体の約80%の花咲ガニが水揚される産地の北海道・根室へ、はるばる新鮮な花咲ガニを味わおうという団体ツアーもあるのです。
新鮮な活き毛ガニは、実際に浜に足を運び、厳選して仕入れる必要があるので、手間も費用も馬鹿にできません。それだから、活きた毛ガニを販売している通販店はほとんどの場合ないのです。
繊細で柔らかく甘い身が特徴の本ズワイガニこそ、産地直送の通信販売のかにを購入しなくてはいけません。本ズワイガニを通販で購入した際には、恐らく相違点が経験できるのは絶対です。
花咲ガニの特殊なところは、産地の花咲半島に豊富にある昆布と言うものが理由として挙げられます。昆布を主食に育つ旬の花咲ガニは、最高の旨味を蓄えるわけです。
水揚げしている場所まで出向き味わおうとすると、移動にかかる交通費もかかってしまいます。品質の良いズワイガニをご家庭で思う存分食べたいのが一番となると、ズワイガニは通販でお取り寄せするしかないのです。

Related Post